山歩き・不逞 其の七


山歩きと韓国
by futei7
外部リンク
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


再びの仁王山

d0183631_1017385.jpg

 サジック公園を抜けて30分ほど道路を歩き登山口に至りました。
すぐに沢沿いの登山道になります。

d0183631_10174939.jpg

 昼は暑いので夕方に登り始め。4時45分にスタート、当初は年配の方と前後しました。


d0183631_10183397.jpg


 薬水が湧く岩場。

d0183631_10191093.jpg


d0183631_10213154.jpg


 薬水の岩場がまた現れました。

d0183631_10231861.jpg

 右側に南山とタワーが望めます。
d0183631_1024027.jpg

中央、ビル群の下に長方形の林のように緑が見える地点が景福宮

d0183631_10242930.jpg


尾根筋に出るとソウル城郭の新設工事が進んでいました。

d0183631_1025238.jpg


朝鮮王朝時代は農閑期に農民を動員して築いた城郭です。
西陽を浴びて気温は30℃台半ばを越えていると思います。


d0183631_10255310.jpg


標識と鉄鎖の間に頂上が見える向かいの山は北岳山。

d0183631_10262421.jpg

仁王山の頂上です。

d0183631_10265615.jpg

景福宮が観えます。長方形に樹木が植えられ景福宮の施設を囲んでいます。

d0183631_10273290.jpg

 右方向が南山です。ビル群の手前に樹木が並行している地域がキョンボックン・景福宮です。
d0183631_10275820.jpg


真ん中の銀色のラインが漢江です。夕方5時20分。
d0183631_1028252.jpg


d0183631_10314798.jpg

下りの道。
d0183631_10321931.jpg

薬水を汲みやすくしています。

d0183631_10324726.jpg


d0183631_10341251.jpg

登山口の注意書き。


『山の本』2010年9月発刊 連載「読書三到」
金袋山
ミズナラの巨木の辺りから道筋ははっきりしなくなった。一帯は落ち葉が深く積り、前夜の強い雨にもかかわらずぬかるみはなかった。樹林が落着かせる雰囲気を醸し出していた。穏やかなエリアである。里から離れているが人々が馴染み歩いてきたような気配を感じる。
 ミズナラは保護されていた。朽ちた倒木が組み合わせられ、巨木の周りを囲んでいた。


画像リンク
2010年7月10日 金袋山 1,325m 奥多摩・日原 ミズナラの巨樹



 日原鍾乳洞の先の登山口からミズナラの巨木あるいは標高一三二五mの金袋山の頂上を目指すという山行を企画したOGさんは、金袋山の位置に関するエピソードを披露してくれた。
久能山東照宮と日光東照宮を直線で結び、どちらからも等距離、つまり真中に位置するという。この位置に金袋山が在るのは偶然なのか、位置するポイントを金袋山と名付けたのであろうか。試しにランニングの距離を測る「距離測定」のウェブサイトで両地点を結び、大まかに金袋山あたりで距離を計測した。確かに真ん中であった。
今はインターネット経由の画像を通して地球規模から住んでいる住居まで鳥瞰できる時代であるが、いにしえにこのような位置関係、後から建立した日光東照宮の位置がどのように定められたのか興味をそそられる。
 
石川啄木

百年まえに東アジアを鳥瞰できた詩人
がいた。石川啄木である。一九一〇年九月九日に「地図の上朝鮮国にくろぐろと墨を塗りつつ秋風を聴く」と詠む。
近代文学の研究者である瀧本和成は前年からの啄木の心情を解析し、この歌は「侵略批判」として詠んだのではなく、同情心の表現であるとしている。「石川啄木と朝鮮」(『韓流百年の日本語文学』所収、人文書院)
 さらに啄木による幾重の「悲しみ」は「日本の青年が強権に対して確執をもたないことの」悲しみ、不幸であるとし、
国家が怨敵と自覚する機会がないことへの二重の悲しみ、不幸が表出されているという。



江華島

そのかつての朝鮮国の南半分である韓国を金袋山行きからほどなくして訪問した。
滞在中にソウルから二時間程かかる北朝鮮と国境を接している江華島に向かった。午前も遅く出たので島のバスターミナルに着いたときは午後にかかっていた。
東南部の観光地エリアを結びサイクリングロードが作られ、貸自転車店もあるというので利用することにした。
訪問の第一の目的は、一八七五年に日本の軍艦「雲揚号」が最初に朝鮮政府軍の守備隊と交戦をした地点である草芝鎮チョジジンを訪れることであった。
店から出発し間もなく草芝鎮まで一三キロと道路標識に大きく示されていた。スピードが出ないマウンテンバイク仕様の自転車のペダルを力まかせにこぐが海風は吹かずほとんど凪の状態であった。
江華島には歴史のエピソードが多くある。
時間の余裕があれば登るつもりであった標高五百メートル近い摩尼山は古代朝鮮王朝の起源、檀君降臨という神話の場所である。
サイクリングロードを走りながら摩尼山が含まれているかもしれない低い山並みを眺めた。
草芝鎮は石畳と防御壁の砲台が復元されていた。本土と数百mしか離れていない狭い海峡を眺め、日本による一四〇年近く前の侵略の始まりを想起した。
この江華島事件における日本側の対応が解明されてから一〇年もたっていない。二〇〇二年、歴史研究者の鈴木淳が「史料紹介」として『史学雑誌』一二月号に論文を発表した。防衛庁防衛研究所戦史部図書館所蔵の「明八孟春雲揚朝鮮廻航記事」綴り所収の報告書を分析し、戦争行為が三日間にわたっていた事と、これまで主張されていた飲料水の確保という侵入目的の虚偽を明らかにした。


市民宣言

大韓帝国と国号を変えた隣国を強制併合したのは一九一〇年、八月二二日であった。
日本あるいは韓国に住む市民による「韓日共同市民宣言」の起草に関わった。
植民地支配の責任の決着、解決が二一世紀になってもつけられていない。東京で主催した「宣言大会」には一千人近くの参加者があった。二九日にはソウルの成均館大学で同様の大会が開かれ参加した。

 翌日、徳寿宮やロシア、イギリスの大使館がある貞洞の歴史散策の後、サジック公園から標高三三八mの仁王山に向かった。
 公園を抜け金網のフェンスで囲われた登山口に着いたときは夕方の五時少し前であった。西日により思ったほど気温は下がらず、暑さは体力を消耗させ花崗岩に面した急登では幾度となく呼吸を整えた。
 頂上直下で振向くと漢江が陽光にきらめき銀色の帯となりソウルの街を分けていた。
大統領府の青瓦台など政府施設が山ろくにあるため警戒中の若い兵士から「月曜日は登山の休日だ」と警告をされた。
百年前に国を奪われた悲しみや怒りをもちこの山の頂きから直下の景福宮や街を望んだ朝鮮の人々がいたであろう。
世紀を越えても被植民地化の影響と国の分断は持続している。兵士の存在は未だこの国が終戦に至らない証である。

[PR]

by futei7 | 2010-08-30 10:14

昌徳宮、成均館の裏山

d0183631_11123995.jpg
d0183631_1112583.jpg
d0183631_11132890.jpg


d0183631_11151992.jpg
d0183631_11155274.jpg
d0183631_11162867.jpg


d0183631_14541157.jpg



d0183631_16585197.jpg



d0183631_16592990.jpg


d0183631_1715777.jpg


d0183631_1725927.jpg
d0183631_1733480.jpg



d0183631_1754455.jpg


d0183631_1763729.jpg


d0183631_178996.jpg


d0183631_1784227.jpg


d0183631_17101722.jpg


d0183631_1711369.jpg
d0183631_17113794.jpg

[PR]

by futei7 | 2010-08-28 11:09

「又観先生 誕辰111周年、国民文化研究所 創立60周年」

「又観先生 誕辰111周年、国民文化研究所 創立60周年」を記念した「東アジア自由共同体の未来」ワークショップへのご招待に感謝します。参加のみなさまと論議が深められることを願います。

 今日、日本という国家がアメリカとの同盟を口実に戦争ができる国家体制を整え、前の首相、安部が逃げだしたとはいえ平和のための「憲法九条」を投げ捨てる改憲策動は収束したわけではありません。その中でこの間、テーマとしてきた「東アジア自由共同体の未来」を継続して論議して行くことは重要だと思います。また、その未来のためにも、この百年の東アジア民衆のアナキズム・無支配主義の系譜を振り返り、検証される必要があると思います。

20世紀前半・東アジアのアナキズム系のネットワークを目指したグループを以下のようにあげられます。ゆるやかでも、また断続があったとはいえ東アジアにおいてアナキストたちのネットワークが成立していたことは日帝を倒し強権による支配がない社会の実現、自由共同体実現を常に目標としていたわけです。黒色青年連盟や朴烈・金子文子への面会者の記録など、これまで知られていなかった資料を少し引用します。
前史としての亜州和親会があります。

日本社会主義同盟信濃川事件糾明集会
不逞社・黒友会
大杉栄の試みアナキストの「連合」
黒友会・不逞社の継承
「真友連盟」  
黒色青年連盟
中国東北地域での、金宗鎮、李乙奎たちの試み
東方無政府主義者連盟、シン・チェホ

『黒濤』紙の刊行
1922年7月に創刊された運動紙『黒濤』は朴烈が編集
 信濃川事件
9月7日に調査会主催「新潟県朝鮮人労働者虐殺問題演説会」が神田で開かれました。日本で活動していた朝鮮の社会主義者と日本の社会主義者たちが初めて協力して開催した集会です。朴烈は演説会で現地調査を報告し、さらにソウルの思想研究会から招待され「信濃川虐殺真相報告演説会」に出席します。  
黒友会の結成、運動紙『太い鮮人』――不逞社の結成と活動
1923年、不逞社の新山初代は8月20日、根津権現の貸席で大杉、望月桂、岩佐作太郎等、20から30名が集った無政府主義者の連合組織問題の相談会があり、新山は鄭と一緒にその会に行きます。金重漢、洪鎮裕が来ていましたが朴烈、金子文子は不参加でした。

1925年、同志たちは黒友会、不逞社の活動・名称を継承します。
黒色青年連盟の創設
同連盟は1月2日、9日に準備会を開き15日に参加20団体、61名にて総会を開催、結成となりました。
「黒色青年連盟演説会状況に就て」。司会栗原一男、演説第一席 栗原一男。黒友会。椋本運雄、自然児連盟。韓某、黒友会。猛某、黒友会。

黒色青年連盟に参加したグループの中心メンバーは、「大逆罪」の被告とされた金子文子、朴烈への支援に大きく関わり面会や大審院の傍聴を追及。警察関係資料中の「東宮職特警発」(『即位大礼警衛関係』廣畑研二編集、不二出版)に同志たちによる市谷刑務所の二人への面会者記録、記録された活動家はいずれも黒色青年連盟に参加しています。

 26年2月1日から10日に主な活動家として不逞社の同志であった鄭泰成、栗原一男(26年当時は自我人社)、同じく自我人社の井上新吉、サラリーマン同盟の江川菊次郎、黒友会の韓吉(韓漢吉)、同じく金正根、徐相漢の名を確認できます。黒友会、韓吉「…自分は朴烈に大いに同情を有する一人にして毎度面会して彼の心情を慰め居れり帝国主義軍国的侵略主義の国家は常に弱小民族を圧迫すべき其の宣伝材料として彼を犠牲となしたり……」

朝鮮無産青年同盟会、安鐘吉
「彼(朴烈)の行為は朝鮮人の意思を代表して日本国民に告げたるものと考えます。思うに現総督政治を此侭遂行したならば朴烈以上の行為者が出ないとも限りません。朝鮮と云う民族は永遠に滅亡しないものであります……」

 真友連盟事件
真友連盟事件は「不逞社事件」から継続された弾圧です。
「大正時代」の末期、すでに植民地化した台湾、朝鮮に続き,さらなるアジアへの侵略を推進するため天皇国家の体制を強化することは必然でした。

 震災前から政府は「過激法案」制定を画策しアナキストやコミュニストの闘争を封じ込めようと図ってきましたが、より早期に有効な治安法の制定を画策していました。
そして震災後、普選法制定に向けた動きは治安法も伴い活動家、社会変革派の労働者と民衆を分断するものとなり、25年5月の治安維持法制定へと至り、真友連盟事件のように朝鮮における適用がエスカレートされ過酷な弾圧を伴うものとなりました。
[PR]

by futei7 | 2010-08-10 20:17

1922年新潟・中津川事件


『東亜日報』1922年8月1日付

見出し

日本における朝鮮人大虐殺
見よ! この残忍あくどい惨劇を
一日十七時間の苦役を強制しておいて逃亡すると銃殺し川に投棄

毒魔によって惨殺された者百名余

信越電力株式会社は、日本の信濃川という川を利用して八年計画で東洋一の規模の
大発電所を新潟県に建設するため、朝鮮人労働者六百名、日本労働者六百名、合計
千二百名を使って工事を進めている。
ところが最近信濃川の流域に朝鮮人労働者の死体がたびたび流れてくるので、中魚沼郡
十日町警察署で怪しく思い仔細に調査をした結果、天下に驚くべき事実を発見した。
 
記事略
「こうして虐殺された朝鮮人の数はどれほどになるか?
これはまだ確実ではないが、逃走の途中発見され殺害
された者、過度の労働に耐え切れず病にかかり殺害さ
れた者を合わせれば百名をくだらぬもようである。」
後半記事略

 総督府警務局から発売禁止、押収をされる。

佐藤氏論文は
日本国内の新聞社の取材姿勢の後退
『読売』の記事を書いた村田豊明記者
情報源「虐殺現場を目で見たと云う電力会社のある使用人に聞いた」
「国家的見地からみて、朝鮮人に、その人の名を正直に話すことは
できない」報道管制

『東亜日報』8月20日付
見出し
風説の出拠は確実
だが朝鮮人には話せぬ
忌避した読売新聞特派員の態度
「はじめて読売新聞に掲載された虐殺事件は、どこから出たものか
その記事を書くため現場を視察した読売新聞記者村田豊明氏が調査委員
羅景錫氏に語ったところに依ると、虐殺現場を目で見たと云う電力会社
のある使用人に聞いたもので、国家的見地からみて、朝鮮人に、その人
の名を正直に話すことはできないが、内務省当局者には詳細に話して
あるという。
 また関係当局者も、誰であるかわかっているが、その人を調査することに
なれば、会社から免職されるおそれがあるから実行は困難であると調査委員
の調査希望に応じようとしない。かれらの態度は奇怪である。
 (十八日大割野から)


1922年9月6日
新潟県虐待事件と反響
空前の大演説会
朝鮮人と日本人の連合で
鄭海雲、羅景錫、朴烈、鄭泰成、白某(註・白武)、金鐘範、申某、金烔斗、李康夏

1922年9月8日
検束された演士は拘留
錦町警察署に検束された白武氏は十日間の拘置に処せられた。
また当日演士であった中浜哲氏は会場に入ろうとしたが入り口を警備していた警官に
はばまれ、門の外で錦町警察署に検束されたのち、八日警視庁に押送されたと云う。
東京特派員電報

9月9日
革命歌裏に解散
演士白武氏外8名検束
東京で開催された新潟県事件演説会
大盛況中、結局は解散命令
東京から特派員、李協相

7日午後7時から開催
演説会の計画が発表された当時から警察の圧迫がひどく
興行物規則で取締ろうとしたり、あるいは堺利彦、大杉栄らの社会主義者が
参加すれば、開会と同時に解散させるというので、やむをえずすでに弁士に
決定されている堺利彦、大杉栄氏の外おお勢の弁士を除き、委員諸氏が苦心
惨憺のすえ、やっと演説会の開催にこぎつけた。
この日会場には定刻二時間前からひと人が、潮水のように押寄せ六時までには
すでに二千名をこえた。錦町警察署では署長以下警官約六十余名、さらに警視庁
内鮮係が総動員され会場内外をほぼ包囲し、入場者をいちち厳重な身体捜索を行い
刃物はもちろん、靴べらにいたるまで金具類の所持者は完全に入場を禁止するなど
異様な警戒ぶりは見ている人たちを非常に驚かせた。

日本人がほぼ二千名
朝鮮人はほぼ五百余名にもなった。

扉の外には入場できず立っている人がなんと数千名にもおよんだ。
羅景錫、朴烈両氏の実地調査の報告演説がおこなわれ…



1922年9月7日。信濃川虐殺真相調査会主催「新潟県朝鮮人労働者虐殺問題演説会」が開催される。
この演説会は、官憲の介入で途中で解散させられたが、当時日帝本国で活動していた朝鮮の社会主義者と日本の社会主義者たちが初めて協力して開催した集会である。

朴烈は現地調査を報告、中浜哲は検束される。(信濃川虐殺真相調査会が組織され新潟現地調査に参加 <新居格の信濃川虐殺に関する論文に、イニシャルBとあるが朴烈の事か>)二二年九月七日、信濃川事件(近年の地元研究者は「中津川事件」と呼称)現地報告集会、

信濃川事件は一九二二年七月、読売新聞が最初に報道した。「信濃川に朝鮮人労働者の死体、何体か流れつく」と刺激的な見出しであった。当時「信濃川朝鮮人虐殺事件」と呼ばれた事件の発覚であった。実際に死体が発見されたのは上流の中津川であり穴藤(けっとう)の発電所を建設中の労働者であった。

事件発覚後『東亜日報』は記者を新潟現地に特派し水力発電所建設現場の穴藤地区を中心に朝鮮人労働者への虐待、虐殺の調査と取材をもとに連載記事を掲載した。

中浜哲は『労働運動』第七号一九二二年九月十日発行号に現地報告を掲載している。

「信越の監獄部屋から」自由労働者同盟 濱鐡 [註 濱鐡は中濱鐡の筆名の変形]

 実地調査した『信濃川虐殺事件』の真相を送る。信濃川(千曲川)の支流たる中津川の下流、信州切明から越後大割野に至る信越の国境八里余りの間。これが信越電力会社を経営する大工事なのだ。千曲川に呑まれる下流の大割野に第二発電所あり、それを遡る二里の下穴藤に第一発電所がある。…監獄部屋を作るには絶好の箇所だ。

…日本土木株式会社(即ち大倉組)が、大割野、前倉間。大請負師大林組が前倉、切明間を請負ってゐる。更にその又下に沢山の頭連があって、総数二十余りの飯場小屋をおッ建てゝゐる。その奴隷供給地は、主として不景気でアブレてゐる九州、朝鮮だ。近傍の信越の地方だ。失業者、自由労働者、小作人などの群れが、百人、二百人とまとめて貨物同様に部屋へ連れ込まれて来るんだ。…」

 朝鮮人虐待の全ては大倉組の大頭目によって引き起されたと『東亜日報』の記者は報告している。そして九月七日の前日に演説会の開催記事が掲載される。

《新潟県虐待事件と反響、空前の大演説会、朝鮮人と日本人の連合で七日東京で演説会開催、東京から特派員 李相協》

「…七日午後七時から、神田美土代町の青年会館で大演説会を開くことを決定した。…すでに決定した演士は次のとおりである。

△朝鮮人側 鄭海雲、羅景錫、朴烈、鄭泰成、白某(註・白武)、金鐘範、申某、金烔斗、李康夏

△日本人側 …憲政会代議士・山道襄一、革新倶楽部代議士・中野正剛、堺利彦、大杉栄、中濱鐡、小牧近江、松本淳三 朝鮮側主催でこれほど大規模な演説会が開催された前例はない。それだけに世間の熱い注目をあつめてり、警戒は今からすでに非常に厳重である。」一九二二年九月六日『東亜日報』

補足(2008年4月14日)


一九二二年の朴烈の主な活動

一九二二年一月四日 一一名の連名で『朝鮮日報』紙一月四日号に「同友会宣言」を発表

一九二二年四月 淀橋署に一六日間検束。[英国皇太子来訪のため予防拘束]中浜は皇太子の訪問地を移動。

一九二二年四-五月 金子文子と同棲、

一九二二年七月一〇日『黒濤』創刊

一九二二年八月一〇日 『黒濤』第二号                 

一九二二年八月 信濃川虐殺真相調査会が組織され調査委員として参加、中浜哲も現地調査。

一九二二年八月頃 新潟現地調査に赴く。[新居格の信濃川虐殺に関する論文に、イニシャルBとあるが朴烈の事か]

一九二二年九月 中西伊之助「不逞鮮人」(短編小説)『改造』誌四巻九号に発表

一九二二年九月七日 調査会主催「新潟県朝鮮人労働者虐殺問題演説会」朴烈は現地調査を報告

一九二二年 ソウルの思想研究会から招待され「信濃川虐殺真相報告演説会」に出席

一九二二年一一月 黒濤会分裂は決定的になる。黒友会の成立。「日本における鮮人労働運動黒友会」申煖波(『労働運動』一〇号、二三年一月一日)

一九二二年一一月七日頃『太い鮮人』第一号発行 枠外に「フテイ鮮人」と記載「破れ障子から」金子文子、朴烈『太い鮮人』はモット早く出る筈だったが朴烈が例の信濃川の虐殺事件で現場へ行ったり所用有って朝鮮落ちをしたりで遅れた

一九二二年一二月一九日 頃『太い鮮人』第二号発行「所謂不逞鮮人とは」朴文子



この事件の研究文献としては
『新潟近代史研究』第三号八二年
「中津川水力発電所における朝鮮人労働者虐待・虐殺事件、東亜日報掲載の資料紹介」張明秀。

『在日朝鮮人史研究』「新潟県中津川朝鮮人虐殺事件」佐藤泰治、八五年がある。

『亜細亜公論』が「事件」に対する感想をハガキでのアンケート回答として掲載している。社会主義者や朝鮮にゆかりのある文化人の回答が掲載されている。



「新潟県中津川朝鮮人虐殺事件」佐藤泰治、八五年より部分メモ

はじめに
朝鮮人有志の現地調査が続く
決定的証拠をつかめぬまま退去せざるを得なかった
限りなくクロに近い灰色事件として迷宮入りとなった
1979年に着手された『津南町史』の調査執筆の一員に加わった
証言可能な古老は十指に余る
当初町の全面的協力もあって掘り起こし作業は順調に進んだ
『新潟日報』で紹介されるや津南町の態度が硬化
1984年秋『津南町史編集資料』一九集に所載さるべき原稿がボツとなる


8月11日以降は各紙の「情報源」が一本化、報道管制下となった
内容は「鮮人虐殺は誤報」を趣旨とした

8月15日以降の調査
穴藤地区
 朝鮮人人夫 867名 多数の虐待の確認 虐殺の事実は掘り起こせなかった

1923年6月段階の新潟県下2,700人の朝鮮人はその大半が第一の各工区に分配
されていたと考えざるを得ない、朝鮮人の占める比率は三分の一前後

76頁
証言 涌井K氏 明治40年4月28日生
 「河水に投じた」に限定しなければ合計百人位の朝鮮人が虐殺されたのは
多分事実であろうとの所感を抱かれ、前倉、大赤沢地区でも
「一番危険な隋道工事にあてられていた白い衣をまとった朝鮮人が毎日村はずれの火葬場で焼か
れていた」と古老が語ってくれた。


証言7
涌井H氏 明治40年9月9日生
朝鮮人の逃げたのを柱に結わいつけて頭の毛を、
ちょんまげを俺見てたら鉈で切った。
棒のでけぇのでアンチャンてのが叩く
たびたびあったナ

証言8
N・M氏 明治40年8月22日生
二〇貫のセメント樽の板をはいで持っていた中島の
棒頭が監督をしていた。
この板でケツをひっぱたいた。
朝鮮人の方がいじめられた。
言葉は悪いがほとんど奴隷扱いで仕事に耐えられないで逃げていくと
番人がいて…二三人づつ棒を持っていた。
つかまれが死ぬくらいたたかれた。しも手の割野の方へ逃げる。
上は飯場だらけだから。中島の仕事場は沈砂地。怪我で死んだ者などは
そこらへ埋めたり捨てたんでしょう。
リンチはとても見てられない。略
日本人の場合でも。朝鮮人ほどにしなかったが。

石沢松三郎
あちこちの樹木には縊死体がぶらさがっているのを何度も見た。
尤もいちいち警察に届けることもなかった。
関わりあいになるのもいやだし、無政府状態みたいだった。
村の人も飯場をこわがりなかなか近づかなかった。

N・M氏
「虐殺は?」
そういうことはあるね。あったと思うね。
あったと思うし… この高野山テのがあるでしょう。
あこらへんでは(朝鮮人が)埋められたんではないかね。
発電所のあこらの鎮守の下の堰堤のつきあげた…
ああいうところでは人柱となって入ったんじゃないか。おそらく
そう思うね。水の中へぶち込んでコンクリートを流しこんだり
…親方であるか、誰だかのいいつけでやれやれなんていって
やったんでしょう。かなり死んでいると思う。

N・G氏 明治39年6月5日生
10年前(1973年・1983年時点)に発電所を少し大きくしましたね。
その当時も少し、三年ばかり手伝いましたが、この上の、
あこの、あの一番上の原から そこを掘るなんて…
人骨がこんなダンボールに一つくらい出ました。
…誰か死んだんだとか何とか話がちっともなかった(所である)のが、
そういう今掘り返してみても、そういうのが出るんだから、当時は
残虐なことをやったこともたしかな事実なんじゃないでしょうかね。

そこは落盤事故のあった場所でなく、掘った穴から出たのだから、当時
新聞などに載ったン(虐殺事件)が本当だつたかもしれない。噂はありまし
たよ。

小林幸治郎氏 大正10年12月16日生
熊谷組で一緒に働いていた友人が鉄管路を
支える一番下のコンクリートを掘っていたら、
突然ポコッと穴があいて白骨が出てきた。
それは一体きりだったが、あまり面倒になるのも
困りものなので、上の方には話さず監督くらいに
話をしてその辺りに始末してしまった。
この他にも噂のあった下の堰堤など、若い衆が
嫌がるので十人くらいの者に酒を日本許りふるまった
が、結局堰堤は下まで全部壊さないでやめてしまった。

涌井Y氏 明治33年8月26日生 嫁のK氏の助力
「虐殺の真偽のほどは?」
K氏
実際に逃げた鮮人がつかまって、山の中で。
ぐるぐる巻きにして、冬の時に、冷たい川の
中につけたのを見たんですって、
父が…まァいろいろ人の眼につかないようにしたんでしょうが
…随分ひどいことをしたものですね。
K氏
父の話ですが、森宮野原で、朝鮮人があそこから(信濃川へ)
とび込んだ。あそこまで追いかけられて、逃げられない…と。
あそこから水の中へ飛び込んだというです。
「その方は死んじゃたんでしょうか」
Y氏 おう。もちろん。

81頁
こうして中津川事件はその真相迷宮入りとなって今日まで至った。

李相協らの調査を中心に
1920年死亡3人

94頁
工夫総数 1922年7月1,200人 867人 東亜日報
     1922年8月3,000人 800人余 「新毎」大正11年8月20日

[PR]

by futei7 | 2010-08-01 10:33